H27年釣行結果

秋季釣大会 馬渡島の磯釣り 
実施日 平成27年10月26日
場所  唐津市鎮西町馬渡島の磯
 参加者  5名

平成27年度の釣クラブ秋季釣り大会を、10月26日玄海灘に浮かぶ、唐津市の馬渡島周辺の沖磯に会員5名が参加し行いました。当日は、中原釣り具に早朝集合し皆元気一杯で出港地に向かいました。名護屋港から夜明け前の穏やかな海を、瀬渡し船金盛丸の快調なエンジン音を聞きながら、大漁の期待を大きく膨らませ瀬上りし、早速の釣り開始です。釣り日和よりの中、朝焼けの一投目からクロが釣れて今日は期待十分でしたが、海が明るくなるにつれてクロの型は小さくなり、又エサ取りのバリ等が海面一杯に大集合状態でした、一日中小型クロと、エサ取り遊ばれましたが。クロ数は十分ながら型が大いに不満足の大会でしたが次回を期待し、無事終了いたしました。   立石征雄

参加者全員・名護屋港にて〈空も海も最高の景色です)
 
春季釣大会 二神島の磯釣り 
実施日 平成27年6月1日〜2日
場所  長崎県壱岐市二神島の磯と離瀬
 参加者  5名
 
平成27年度の釣クラブ春季釣り大会を、6月1日〜2日に呼子沖の二神島磯と沖磯にて行いました、昼間の「クロ」と夜の「イサキ・真鯛」の大物を目標に会員5名が参加しました。当日は日程の変更を何度も重ねた甲斐があって、絶好の釣り日和りに恵まれ、目標以上の釣果がありました。玄界灘の夕暮れの中、浮子が海中に気持良く沈み、竿を大きく曲げて次々と30p以上のクロを釣りあげました。又楽しみの夜釣りも、電気浮子を一気に消し込む当たりが続き、45pの大型イサキや、60pを超える真鯛と珍しい「あこう鯛」等の大物が次々と釣れ、各自のクーラーは一杯となり、大満足の釣果をあげ、大会は無事終了いたしました。 
立石征雄
参加者全員・名護屋港にて(一泊二日の釣り会でお疲れです)
大物真鯛が釣れました   大会一番の釣果です
 
 

H25年釣行結果

忘年釣大会 馬渡島の磯釣り 
実施日 平成25年12月17日
場所   唐津市 馬渡島沖合の磯
 参加者  7名

平成25年度12月の重要行事が、天候悪化により、忘年懇親会〈いろは島荘)と、釣り大会(馬渡島)の2回に分けて初めての大会です。寒波が緩み、天候の安定した12月17日に会員8名が参加し、唐津市馬渡島の磯にて実施しました。少し風当たりが強い中、朝の一投目から早速 目標の30p以上のクロや、寒のチヌ、季節外れのイサキ等が釣れ、参加者のクーラーもほぼ一杯になり、満足の釣果でした。今年は、春からの異常気象に邪魔され、不満が残る釣り会の連続でしたが、無事故で全大会を終了しました。 立石征雄


 
 
名護屋港にて瀬渡し船「金盛丸」を前に参加者全員 
 
忘年釣大会の懇親会(いろは島荘)  
実施日 平成25年11月19日〜20日
場所   唐津市 いろは島荘
 参加者  7名
 
本年度最後の釣り大会と忘年懇親会を予定しておりましたが、早くも大寒波が襲来し、真冬の玄界灘となり当分は釣が出来ない状況の為、今回は忘年懇親会のみを実施し、釣り大会を後日実施と致しました。忘年懇親会は12月11日〜12日の1泊2日唐津市の「いろは島荘」に会員7名が参加し、磯の味覚の王者「伊勢海老会席」料理で盛大に実施しました。古岡会員の音頭で乾杯し、自慢の料理に舌鼓を打ちつつ、日頃の釣自慢と釣り談義で懇親を深め、次回の大会では30p以上の大型クロを釣る為の作戦会議を展開しながら、伊勢海老料理に、お酒、ホテル自慢のアルカリ温泉に満喫し、ホテルからお土産も頂戴し、無事終了いたしました。 立石征雄


 いろは島荘宴会場 参加者全員
懇親会風景   釣り談義風景(二次会)
秋季釣大会(馬渡島) 
実施日 平成25年10月21日(月)
場所   唐津市 馬渡島沖合
 参加者  8名

今年の異常気象と、台風の当たり年の影響で、秋季の釣り大会も大幅遅れでやっと開催できました。当日は台風の影響での風を心配しましたが、風は弱く、波も穏で、まずまずの釣り日和に恵まれました。早朝の暗い中、玄海灘に浮かぶ馬渡島の南側磯に瀬上がりし、各自の自慢の仕掛けと工夫を凝らした撒き餌とエサで大物目標に釣りを開始しました。磯からの状況は大物が居そうですぐにでもハリ掛かりの海況でしたが、小型のエサ取りや嫌われ魚のふぐ、イスズミ、バリが多く釣れるばかりで目標のクロは小型が多く参加者の釣果も目標未達でした。釣りを始めるころには弱かった風も徐々に強まり早々に帰る準備をし、馬渡島を離れる頃には、大波と、船より高いうねりの為に、船と一緒に頭から波しぶきを被りながら、久しぶりに玄界灘の荒波を体感しましたが、無事に名護屋港に帰り着きました、今年の玄界灘は、水温が高く、厳しい釣りの環境でしたが次の釣り会を約束し解散しました。立石征雄


 
 名護屋港にて参加者全員(金盛丸) 
 
春季釣大会(長崎県二神島)
実施日 平成25年6月24日(月)〜25日(火)
場所  長崎県 壱岐水道の二神島(無人島)  1泊2日夜釣り
 参加者  7名
 
開催が大幅に遅れておりました25年度最初の釣り大会を、6月24〜25日両日、波は穏なで、曇り空の絶好の釣り日和に恵まれて、長崎県壱岐水道に浮ぶ二神島(無人島)で実施致しました。
今回は、岩の上で1泊し夜釣り主体の1泊2日釣りで、瀬渡し船「飛鳥」のお世話で総員7名が参加し、24日午後2時名 護屋港を出港、約40分で二神島に到着、子二神の磯「ギンザ」に4名、独立磯「カラト」に3名と、2組に別れて上磯し釣 り大会が始まりました。釣果はギンザ組に大物真鯛の2kg1匹を筆頭に、各メンバー共にイサキの良型中心に15〜30数匹の釣果です、夜は いつもの楽しい宴会に釣り自慢の花が咲き就寝しました。一方カラト組もイサキが同じ位の釣果でしたが、満潮時には 異常潮位で高台に2時間ほど避難、寝ることもできず潮の引くのを待ち不安な時間を過ごしました、参加者全員に退屈 しない程度に当たりがあり、夜が明けるまで十分に釣を楽しみました。翌25日8時に磯を後にし、旬の脂が十分に乗ったイサキをクラー一杯に楽しく帰路につきました。岩崎久義


高速瀬渡す船「飛鳥」を背景に名護屋港にて参加者全員
 
キス釣会(糸島市大入港沖)
実施日 平成25年5月27日(月)
場所 福岡県 糸島市大入港沖
 参加者  4名

キスのシーズン時期になり、大型キスが釣れ始めたと大輝丸坂田さんから知らせがあり、早速釣りクラブ会員4名で早朝の大入港集合し、坂田船長の軽快な操船で鹿家沖の1級ポイントに到着。
船を安定させてからの釣り開始1投目から大型キスのが釣れ、暫くは入れ食い状態で、時にはダブルヒットも有り、昼頃まで全員が楽しく思いっきり釣りました。
小型クーラーも一杯になる釣果に満足し早々に終了しました。今回の釣果は、大型が多く、刺身にもできましたし、焼き物、から揚げと満足のご馳走でした。


釣会の参加者全員  ・坂田さん所有の「大輝丸」を背景に大入港にて
 
 

H24年釣行結果

忘年釣大会(馬渡島)・懇親会(いろは島荘)
実施日 H24年12月11日〜12日
場所 釣大会 呼子沖馬渡島の沖磯 ・懇親会 唐津市国民宿舎 いろは島荘
 参加者  7名

平成24年度の釣クラブ大会と忘年懇親会を12月11日〜12日の1泊2日で呼子沖の馬渡島沖磯と唐津市の「いろは島荘」に会員7名が参加し盛大に実施しました。当日は早朝の朝焼けの玄海灘に浮ぶウキを見詰め、大物クロを期待しながら、寒波にも負けず磯釣を楽しみました。釣果は松原会員が1番で、全員がクロを土産に楽しみました。忘年懇親会は、江口会員の音頭でヒレ酒にて乾杯し、ふぐフルコースの会席料理に舌鼓を打ちつつ、釣談義と、日頃の釣自慢でおおいに懇親を深め、来年の釣計画を全員で検討し、料理とアルカリ温泉(美人の湯)に満喫しました。来年度も大物の釣果を期待し、安全な釣大会を誓い、無事終了いたしました。 立石征雄

呼子大橋と瀬渡し船金盛丸を背景に名護屋港にて参加者全員
(寒さと、北風にもめげず頑張り、満足の釣果がありました)
 いろは島荘で美人の湯入浴後「ふく会席」を前に(ヒレ酒を飲むよ)
春季釣大会(壱岐)
実施日 H24年4月23日〜24日(中潮)
場所 長崎県壱岐沖のイズミ瀬全域
 参加者  8名

 4月23〜24日快晴波穏やかな中、24年度最初の釣り大会は8名の参加の下、瀬渡し船「玄海」のお世話で長崎県壱岐にて実施、23日正午糸島岐志港を出港、約40分でイズミ瀬に到着、イサキを狙い上イズミ、下イズミに各4名で上磯、釣果は各々夕食分程度と振るわなかったが、夜は磯の上で釣った魚(イサキ)刺身やおでんやギョウザなどで宴会といつものパターンで、久々の親睦を深め、翌24日正午磯を後に帰路につきました。今回は久しぶりに天候に恵まれ磯の香りを十分味わうことができ楽しい釣行でした。(岩崎)

 参加者一同・・・糸島市岐志漁港
 
 
H23年釣行結果
23年度忘年釣大会
実施日 H23年12月8日〜9日 (中潮)
場所 長崎県松浦市福島 つばき荘
 参加者 9名

平成23年度の忘年釣大会を、12月8日〜9日に佐賀県鎮西町馬渡島の沖磯を会場に磯釣大会を計画しましたが、大荒れの天候になり、大物の釣果が期待出来る好機ですがクラブ方針の「安全が第一」に基づき、大物は次回の釣機会に望みを託し釣大会を中止し、3年連続で懇親会だけで忘年釣大会を開催しました。会員9名の出席で、国民宿舎から民営化され新築された、福島温泉「つばき荘」に古岡会員の音頭による ひれ酒で乾杯し、ふぐフルコースの会席料理に大いに盛り上がりました、本年の良く釣れた釣談義と、日頃の大物釣の腕自慢で懇親を深め、料理と温泉に満喫し、来年度の健闘と無事故を誓い、無事終了いたしました。   立石征雄

ふぐ会席料理を前に参加者一同
馬渡島沖釣行
実施日 H23年10月18日(中潮)
場所 佐賀県呼子沖の馬渡島全域
 参加者  10名

 今年の天候不順と、異常な高海水温により大幅に遅れておりました今年度初の釣大会を10月18日、呼子沖の馬渡島周辺の荒磯にて行いました。総員10名が参加し絶好の釣日よりの中、クロ・チヌを目標に磯釣を楽しみました。当日は早朝4時に唐津の釣具店に集合し、名護屋港から夜明け前の暗闇の中を、高速瀬渡し船「金盛丸」にて、早朝の荒磯に、1組2名のグループに分かれ思い思いの瀬に上がり、大物の釣果を期待し釣りをしました。
本日の釣果は、今年の玄界灘は、異常高水温の影響が強く、赤色、青色、黄色の小魚が乱舞しまるで熱帯の海でしたが、会員の皆様は日頃鍛えた腕前を発揮されて、クーラーには、30cm以上のお刺身サイズから、25cmの塩焼きサイズのクロが多数と、イサキ、カワハギ、アラカブ等の今が旬のお魚が収まっておりました。今回も金盛丸船長が、馬渡島で出来たてのアジのミリン干しを参加賞として戴き、新鮮なお魚とアジの干物で、今回も満足の大会になり無事終了致しました。立石征雄

 参加者一同・・・呼子(名護屋港にて)
 
H22年釣行結果
忘年懇親会
実施日 H22年12月8日〜9日 大潮
場所 佐賀県唐津市 いろは島荘
参加者 9名

平成22年度の釣クラブ年末懇親会を、12月8日〜9日に唐津市肥前町「いろは島荘」に会員9名が参加し盛大に実施いたしました。
当日は年末釣大会を計画のところ、大荒れの天候になり、船頭さんの「安全第一・大物は次回に」の指示に従い釣大会を中止し、忘年懇親会のみ実施しました。
江口会員の音頭でひれ酒で乾杯し、ふぐフルコースの会席料理に舌鼓を打ちつつ、釣談義と、日頃の釣自慢でおおいに懇親を深め、来年の大物釣計画を全員で仔細に検討し、料理とアルカリ温泉(美人の湯)に満喫でき、来年度の大物釣を期待し、釣場での無事故を誓い、無事終了いたしました。

参加者一同・・・(ふく会席を前に集合)
馬渡島沖釣行
実施日 H22年10月20日(中潮)
場所 佐賀県呼子沖の馬渡島全域
 参加者  7名

 平成22年度秋季釣り大会を10月20日呼子沖の馬渡島周辺の荒磯にて総員7名が参加し、秋雨前線の影響で玄界灘はうねりが有り少し心配の天気模様でしたが、クロ・チヌを目標に、磯釣を楽しみました。当日は早朝4時に唐津の釣具店に集合し、一路名護屋港に向かいました。夜明け前の暗闇の中、瀬渡し船「金盛丸」船長の無口で安全航行の中、玄海灘の朝焼けに感動を覚えながら、1組2名のグループに分かれ馬渡島の磯に瀬上がりし釣の開始です。
本日の釣果は、玄界灘は今年の異常気象を象徴して、撒き餌に赤色、青色、黄色の小魚が乱舞しまるで熱帯の海でしたが、こんな状況下でも、日頃鍛えた腕前を発揮されて、クーラーには、20〜30センチのクロがと、カワハギ等の今が旬のお魚が多数納まっておりました。今回も金盛丸船長が、馬渡島で出来たてのイカの一夜干しを2匹新聞紙に包み全員に参加賞として戴き、新鮮なお魚とイカの一夜干しと、天候も結果OKで、今回も満足の大会になり無事終了致しました。      (立石 征雄)

 参加者一同・・・呼子(名護屋港にて)
 
H21年釣行結果
忘年釣大会
実施日 H21年12月3日 〜4日 
場所 佐賀県唐津市いろは島荘
参加者 12名

平成21年度の忘年釣大会を、12月3日〜4日に佐賀県鎮西町馬渡島の沖磯を会場に磯釣大会を計画しましたが、前日までの絶好の釣天気から急変し、大荒れの天候になり、船頭さんの「安全第一・大物は次回に」の重い言葉に従い釣大会を中止し、忘年懇親会のみの実施となりました。会員12名の出席し唐津市国民宿舎「いろは島」にて、米倉世話役の音頭による ひれ酒で乾杯し、ふぐフルコースの会席料理に大いに盛り上がりました、本年の釣談義と、日頃の腕自慢で懇親を深め、料理とアルカリ温泉に満喫でき、来年度の健闘と無事故を誓い、無事終了いたしました。立石征雄 

  
参加者一同・・・懇親会場にて
加唐島沖釣行
実施日 H21年4月24日(中潮)
場所 佐賀県唐津市加唐島沖
 参加者  9名

 平成21年度春季釣り大会を4月24日呼子沖の加唐.松島島周辺の荒磯にて総員9名が参加し、天候にも恵まれた絶好の釣日よりの中、クロ・・チヌを目標に、磯釣を楽しみました。当日は唐早朝4時に唐津の釣具店に集合し、米倉会長から、スケジュール説明と、安全磯釣の注意を聞き、一路名護屋港に向かいました。夜明け前の暗闇の中、瀬渡し船マリンペガサスの快調なエンジン音と、空の色が黒から青、朝焼けに変わる様に感動を覚えながら、1組2名のグループに分かれ加唐島の有名磯に安全に瀬上がりしました。
当日の釣果は、玄界灘からの底うねりが残り、釣りずらい状況下でしたが、日頃の腕前を発揮されて、クーラーにはチヌ、クロが納まっておりました。又今回もマリンペガサスの船長が、大会参加者の腕を心配され、加唐島の漁師さんが朝取りのサザエ1袋(大盛)を全員に参加賞としてに戴き、新鮮なお魚とサザエにて今回も満足の大会になり無事終了致しました。 立石征雄  

                                         
 参加者一同・・・名護屋港にて
 
 
H20年釣行結果
馬渡島沖忘年釣大会
実施日  H20年12月4日 (中潮)
 場所  釣大会:呼子沖の馬渡島   懇親会:つばき荘
 参加者   12名

平成20年度の忘年釣大会を、12月4日〜5日に佐賀県鎮西町馬渡島の沖磯を会場に12名が参加し、雨が心配される天候の中で磯釣りを楽しみました。釣大会は、1位松原会員、2位今岡会員、3位岩崎会員、他魚の部優勝村上会員の4名様が入賞でした、大物賞は厳しい基準値を満たせず入賞者なしの結果です。釣の状況は、玄海灘からの潮行が弱く、海の中を悠々と泳ぐ大きな魚を沢山見ましたが、釣れるのは食べごろサイズのクロと、対象外の大型バリで、会員のクーラーにはおかずに十分の獲物が入り満足の釣大会でした。第2部の忘年会を、福島町「つばき荘」にて、大会1位の松原会員の音頭で、ひれ酒で乾杯し、日頃の釣談義と釣自慢で大いに懇親を深め、美味な料理と天然温泉に満喫しました。来年こそは大物釣上げの秘策を胸に、本年度の健闘を誓い無事大会を終了いたしました。「立石征雄」
 
中島会員の勇姿 玄海灘に向かい熱心な釣姿
参加者全員(懇親会会場にて)
重量1位 松原会員(授与米倉会長) 重量3位  岩崎会員
他魚の部1位 村上会員 ご挨拶 米倉会長
 
馬渡島沖釣行
実施日  H20年10月14日(中潮)
 場所 佐賀県呼子沖の馬渡る唐津市加唐島沖
 参加者   11名

平成20年度第2回釣り大会を10月14日呼子沖の馬渡島周辺にて総員12名参加し、秋晴れの下、磯釣りを楽しみました。当日は唐津の釣具屋に4時に集合し、名護屋港を5時出港、満月の沈む 姿を眺めながら、カゴ釣りとフカセ釣りに分かれ 2〜3名ずつのグループで瀬上がりし、各自狙いの魚を求めて思い思いの仕掛けで竿を出し釣り開始。電気ウキでスタート30分余りで夜明けと共に昼の仕掛けに変更。クロ・イサキ・アジ・バリ等が釣れ始めました。希望の大きさには少し不満でしたが、20〜30匹余り釣れた人が多く、少ない人でも10匹前後は釣れました。久し振りの釣りを、まずまずの釣果で楽しめました。天候にも恵まれ潮風を満喫し適度に日焼けし健康的な一日でした。   (立石 征雄)


 
 参加者一同・・・呼子(名護屋港にて)
 
加唐島沖釣行
実施日 H20年5月23日(中潮)
場所 佐賀県唐津市加唐島沖
 参加者  11名
  
平成20年度第1回釣り大会を5月23日呼子沖の加唐島周辺にて総員11名が参加し、天候にも恵まれた絶好の釣日よりの中、全員クーラー満杯のクロ・イサキ・チヌを目標に、磯釣を楽しみました。当日は唐津の釣具屋に早朝4時に集合し、米倉会長からのスケジュール説明と、安全磯釣の注意を聞き一路出港地の名護屋港に向かいました。瀬渡し船マリンペガサスの快調なエンジン音と、夜明け前の暗闇の中から、空の色が 青 朝焼けに変わっていく様子に釣り人の贅沢を感じながら、1組2名のグループに分かれ加唐島の有名磯に安全に瀬上がりしました。
当日の釣果に、特筆出来る大物を釣ることは出来ませんでしたがクロ・イサキの新鮮で美味な夕食に十分の量がクーラーに収まっており、満足の釣大会でした。又マリンペガサスの船長から、大会参加者の腕を心配され、加唐島の漁師さんが朝取りのサザエ1袋(10個)を全員にお土産に戴き、新鮮なお魚とサザエで超満足の大会になり無事終了致しました。     (立石 征雄)


 参加者一同・・・名護屋港にて


播重・山本・入江会員 米倉さん
 
 
H19年釣行結果
平戸島忘年釣大会
実施日  平成19年12月6日 〜7日
 場所  釣大会:平戸市阿値賀島   懇親会:西浜荘
 参加者   10名

忘年釣り大会を、12月6日〜7日に長崎県平戸市の阿値賀島(無人島)会場に、会員10名が参加し実施いたしました。冬晴れの釣り日和に恵まれた中、旬の大型クロを目標に 何時もながらのクーラー満杯の釣果を期待し、荒磯釣りを楽しみました。釣り結果は、波飛沫が暖かい程に海水温が高く夏場が主役のザコ集団に餌は直に盗られ釣れるのは、大型のアブッテカモウ(雀鯛)ばかりの厳しい状況の中、奮闘して腕前を発揮の古岡会員が優勝、楢崎会員が準優勝、立石が大物賞を獲得し大会を無事に終了致しました。第二部の忘年懇親会を、平戸西浜荘で行い、表彰式と米倉世話役の乾杯、五島灘でとれとれのカンパチ、鯛、アジの大船盛りと鴨鍋を美味しく頂き、今年の反省と、来年の釣りに話も盛り上り楽しい懇親会後、参加賞と家族へのお土産を抱え大会を無事終了致しました。    (立石 征雄)


参加者一同 西浜港にて
          西浜港早朝の出港前                          重量1位  古岡会員
 
馬渡島沖釣行
実施日  平成19年10月16日
 場所 佐賀県呼子市馬渡島沖一帯
 参加者   15名

平成19年度の第2回釣大会を 10月16日呼子の沖合に浮かぶ馬渡島周辺にて開催しました。総員15名が参加し 雲一つ無い秋晴れの下、無心にウキだけを見つめる磯釣りを楽しみました。 早朝4時に集合し 今回こそは大漁の期待を胸に、出港地名護屋に向かい 朝やけの光を受、玄海灘の荒波に洗われる岩場に瀬上り後、グループ毎に大物魚目標に釣を開始しました。海にマキエのエビを投げ、自慢の仕掛けで釣上げる、魚の数は期待以上の数釣が出来き、会員の中には100匹以上大釣の有る中、希望の大きさには少し不足感の会員の中で播重会員・入江会員は腕によりをかけての釣果に、クーラボックスは満足のようでした。玄界灘の大自然の中、潮風を十分に満喫し、釣会を確認し無事終了しました。 立石征雄


 参加者一同・・・呼子(名護屋港にて)
出港を前に参加者                    釣れましたが、獲物は見えんが 
加唐島沖釣行
実施日 平成19年4月20日
場所 佐賀県唐津市加唐島沖
 参加者  11名

平成19年度の第1回釣大会を、4月20日佐賀県呼子の沖合に浮かぶ加唐島周辺にて開催しました。総員16名が参加し、絶好の釣日和の中、磯釣を楽しみました。 当日は、早朝4時に釣具店に集合し、全員大漁を胸に出港地名護屋に向かいました。 朝の太陽を受けて、狙いの磯に2名1組で瀬上後、グループ毎に釣を開始しましたが、大きな期待とは逆に海の中は、海水温の上昇と下降が短期間に発生した異常気象の影響を受けて狙いの大物達は環境の安定した深い所に移動し留守のお魚が多くなってしまいました。 さすが百戦錬磨の参加者は一段と腕によりをかけ熱心に竿をふるい、夕餉のおかずをゲットし、不満足の結果にもめげず次回の釣会を確認し無事終了しました。(立石 征雄)

                                                 
 参加者一同・・・名護屋港にて
朝焼けの玄海灘 昼時の玄界灘灘(ベタ凪)
会員皆様の釣姿 瀬渡し船に磯場から乗船風景
瀬渡し船に磯場から乗船風景
 
H18年釣行結果
福島沖忘年釣大会
実施日  平成18年12月7日〜8日 
 場所  釣大会:長崎県福島沖   懇親会:つばき荘
 参加者   16名
 
12月7日7時より14時30分まで、長崎県福島沖で総員16名参加し本年度2回目 の釣りを忘年釣り大会として楽しんだ。当日は唐津の釣具屋に早朝に集合し、撒き餌と付け餌と自分の食料を準備後 福島港へ向いました。雨天の為 安全の為に夜明けを待って7時出港、2〜3名ずつのグループで、磯・イカダ・波止に別れ瀬上がり、各自狙いの魚を求めて思い思いの仕掛けで竿を出した釣り開始早々強い大物の引きに!プツリ道糸が切れ大物が居そうな感触が有りましたがその後は、時々25cm前後のメイタとサバが 7匹釣ただけで期待のクロは釣れませんでしたが、他のグループでは40cm以上のチヌやボラ 30cm以上のメイタやサヨリを数多く釣られ釣果に満足のようでした。終日雨の降り続く中の厳しい釣とで、釣果もいまいちでしたが、全員元気で釣りを楽しみました。納竿後、福島町の国民宿舎で表彰式と来年度の新世話役紹介後、フグ料理を囲み釣り談義で今年の大物自慢と、来年度の期待を語り合い忘年懇親会を楽しみました。
総合優勝(総重量)占部さん(2.3Kg)                 
      (大物賞) @山本さん(42cmチヌ) A播重さん(38cm) B辻田さん(42cmボラ)

○新世話役    米倉昭正(代表)    立石征雄      村上治美  

 
 ふぐ会席を前で記念撮影  表彰式 山本さん
   
 松原前会長の挨拶  懇親会風景
 
 懇親会風景  懇親会風景
 
 馬渡島沖クロ釣
実施日 平成18年10月19日(中潮)
場所 佐賀県唐津市加唐島沖
 参加者  16名

10月19日5時半より14時まで、佐賀県馬渡島沖で総員16名参加し 本年度最初の(過去3回は悪天候の為中止)磯釣りを楽しんだ。当日は唐津の釣具屋に4時半に集合し、餌の購入と簡単なミーティング後名護屋港へ向かった。5時半出港、約30分で馬渡島着 2〜3名ずつのグループで、瀬上がりし、各自狙いの魚を求めて思い思いの仕掛けで竿を出した。 釣り開始早々から20cm前後のクロが釣れ始めました。時には30cm前後のクロやバリ等も釣れ合計30匹余り釣れました。クロを50匹以上釣った人も数人居ました。期待の青物は釣れませんでしたが、67cmと62cmの真鯛を釣った人も居ました。久し振りの釣りを、まずまずの釣果で数釣りが楽しめました。 天候にも恵まれ全員適度に日焼けし、オゾンを満喫した健康的な一日でした。
(次回予定)  12月7(木)〜8日(金)   忘年釣大会の宿泊・懇親会を「福島つばき荘
に変更します。

   
 名護屋港にて船長を加えて集合写真  磯釣の風景(瀬渡し船から撮影)
   
 釣の場所に渡る風景(瀬渡し船から撮影)  磯釣の風景
   
 真鯛の大物です  クロ(メジナ)を数釣しました
 
H17釣行結果 
福島沖忘年釣大会 
実施日  平成17年12月1日〜2日(大潮) 
 場所  釣大会:長崎県福島沖   懇親会:福島町つばき荘
 参加者   17名

今年最後の釣りを、釣りクラブ5周年記念忘年釣り大会として実施した。早朝より曇り空でやや寒かったが、薄日も時々射し まずまずの天気と成った。福島港午前5時半出港、2〜3名のグループで各自狙いの魚を求めて瀬上がりし思い思いの仕掛けで竿を出した。釣り開始早々から20cm強のクロが釣れ始め 大型クロへの期待が高まります。しかし、その後は15cm以下(釣り大会対象外)のクロ・メバル・アジ・マダイ等ばかり・・・。それでも他のグループでは30cm前後のクロやメイタを数匹釣った人や15cm以上の釣り大会対象魚を、30匹前後釣った人も居ました。
納竿後、福島町の国民宿舎で表彰式と、新入会員の立石さんの紹介を行いその後、フグ料理を囲んで来年度の釣り計画の意見や忘年懇親会はアルコールも適量に入り、釣り談義などで夜遅くまで楽しんだ。 

重量賞(総合優勝) 松原 章    大物賞(クロの部) 辻田 賢次     (チヌの部)中島 毅士

ふぐ会席を前で記念撮影 重量賞の表彰盾 お披露目
        重量賞 松原会長           瀬渡し船の風景
            懇親会風景        懇親会 新入会員2名
          懇親会風景           懇親会風景
 
秋季福島沖クロ釣大会
実施日 平成17年10月18日 (大潮)
場所 長崎県福島沖の荒磯
 参加者  9名
長崎県福島沖の磯でクロ釣りを実施した、早朝より風が強く出港が心配されたが、日が昇ると共に風も弱まりまずまずの釣り天気でした。午前5時半釣具屋に集合し、各自餌を購入し9人釣果を期待して福島港へ向かった。6時半出港 2名ずつのグループで、各自狙いの魚を求めて瀬上がりし、思い思いの仕掛けで竿を出した釣り開始早々から20cm強のクロが釣れ始め大型クロへの期待が高まるなか、風当たりが急に強くなる磯で、2人とも風と波を気にしながらの釣りに成りました。
期待の大型のクロは釣れませんでしたが、30cm前後を筆頭に20〜25cmのクロが15〜16匹 各々釣れました、他の参加者には、クロの他 メイタ・アジ・メバル等を釣った人も数人居ました、午後は風も弱まり天候にも恵まれ、まずまずの釣果で楽しめた1日でした。帰港後は、写真撮影と反省会の後、次回の忘年釣り大会の日時と場所の確認を行い、 全員無事終了致しました。
*次回は12月1日(木)〜2日〈金) 宿(つばき荘)  忘年釣り大会の予定です


集合写真 瀬瀬上り 江口・平内・古岡・山本さ
一心に集注する  米倉さん 待望のクロを ゲット
福島沖クロ釣大会(第3回)
実施日  平成17年9月26日(大潮) 
 場所 長崎県福島沖 荒磯  
 参加者   15名

長崎県福島沖の磯でクロ・メイタ釣りを実施した。早朝より風も弱く、薄曇り後秋晴れでまずまずの釣り日和と成った午前5時、釣具屋に集合し各自餌を購入し15人釣果を期待して福島港へ向かった。6時出港2名ずつのグループで、ダゴチン釣りと磯釣りに別れ、各自狙いの魚を求めて 思い思いの仕掛けで竿を出した。釣り開始早々から釣れ始めましたが、手の平弱のクロ・イサキ・タイ等々ばかり向かい側の磯では別の組が、良型のクロや50cm以上の青物が釣れいます。期待の大型のクロは釣れませんでしたが、メイタを釣った人は数人居ましたそれでもクロの35cmや、25cm前後を10匹近く釣った人や50cm以上のボラを釣った人も数人居ました午後は風も出てきましたが、天候にも恵まれ、まずまずの釣果で楽しめた1日でした帰港後は、写真撮影と反省会の後、来年度から新しく使用する優勝盾の(播重・垣下江口さん合作)説明と紹介を行い、 全員無事終了致しました。
*次回は10月18日(火)・・・多数の参加をお願いしま


参加者一同 ダゴチンでチヌ・をゲット 山本さん
奮闘中の 江口さん・辻田さん   優勝トロフィー  作成しました播重さん
福島沖クロ釣大会 (第2回)
実施日  平成17年5月24日(大潮) 
 場所 長崎県福島沖 荒磯  
 参加者   14名

長崎県福島沖の磯でクロを狙って磯釣りを楽しんだ。早朝より風が強く出港を心配したが、薄曇り後晴れでまずまずの釣り日和と成った。釣果を求め場所確保の為、早朝2時30分釣具屋に集合し各自餌を購入し釣果を期待して14人が福島港へ向かった。4時前出港 7グループに別れ各自狙いの魚を求めて 瀬上がりし、思い思いの仕掛けで竿を出した。釣り開始時は夜明け前でまだ暗く蛍光ウキでのスタートとなった日の出と共に小型のクロやアジ・メバル等が釣れはじめた。期待のチヌや大型のクロは釣れませんでしたが、小型の真鯛やイカを釣った人も居り数釣りが楽しめました。リリースを含め約50匹釣った人も何人か居た。それでも30cm以上のクロやアジ・メイタを釣った人も数人居ました。天候にも恵まれ、まずまずの釣果で数釣りの楽しめた1日でした。帰港後は、クロを釣った山本・入江さんとメイタを釣った今岡さんより釣り方仕掛け等の説明を行い、 質疑を交えた懇談をし次回の参考にしました。
*次回は7月19日(火)・・・多数の参加をお願いします。


参加者一同 大物クロだ!山本さん
福島沖クロ釣大会 (第1回)
実施日  平成17年4月26日(中潮) 
 場所 長崎県 福島沖 
 参加者   13名
長崎県福島沖で乗っ込みチヌを狙って磯釣りを楽しんだ。参加者13名が釣具屋に集合し各自エサを購入、一路福島港へ急ぐ。出港5時5グループに別れ瀬上がり、天気良好、波静、絶好の釣り日和のなか思い々の仕掛けで竿を出す。マキエ、仕掛けを投入すると小さなアタリがありエサを捕られている。”チヌが集まって来たか?” 期待を膨らませ根気よく仕掛けを投入・・・浮きが沈み合わせると釣れたのは小形クロ・メバル・キス・アラカブ。今回はチヌの姿が見られないのか?そんな中、チヌ 45cm、と30cmクラスを3匹釣った人もいた。狙いのチヌを釣った人は少なかったが大形キス・メバル・ボラ・アラカブ・など食べて美味しい五目釣りの楽しい1日でした。又、今の時期は岩場にワカメが群生しているので干潮時に採ると新鮮なワカメが食卓に花を添える。 
・・・*次回は5月24日(火)・・・多数の参加をお願いします。
参加者全員 磯の風景
45cmのチヌをゲット垣下さん 満面の笑みの辻田さん
 
 
H16年釣行結果
鷹島沖釣行
実施日  平成17年3月10日 (大潮)
 場所 長崎県松浦市鷹島の沖磯   
 参加者   17名

長崎県鷹島沖でチヌ釣りを実施した。前日まで好天が続き絶好の釣り日和と喜んでいたが早朝から小雨となった、釣具屋で各自エサを購入し17人釣果を期待して一路星賀港へ急ぐ。出港6時、8グループに別れ瀬上がり、思い々の仕掛けで竿を出すが雨と風で釣りづらい!。9時頃には雨が止み風も弱まり釣り条件が良くなっり期待を膨らませマキエ、仕掛けを投入するがエサが付いたまま・・・寒い時期は水温低下のため、アタリが小さいく釣りにくい。浮きが沈み合わせるとアラカブ、メバル・・・今回はチヌの姿が見られないか?そんな中大物チヌ2.5kg 53cm、と45cmを3匹釣った人もいた。狙いのチヌを釣った人は少なかったが旬のメバルと美味しいアラカブ釣りの楽しい1日でした。
[チヌ釣り参考]今の時期は水温が低くチヌは底近く深場にいるため、正確に棚をとり(浮きからハリまで深さ)底から50cm程度で釣る。

参加者全員 53cmのチヌを手に入江さん
狙いのチヌは何処へ? 米倉さん チヌを期待して頑張るぞ!
馬渡島沖忘年釣大会
実施日  平成16年12月1日〜2日 (中潮)
 場所 釣大会:鎮西町馬渡島の沖磯  忘年懇親会*玄海町旅館  
 参加者   14名

今年最後の忘年釣り大会を実施した。絶好の釣り日和、5時過ぎより15時まで佐賀県馬渡島の沖磯釣りを楽しんだ。クロ狙いと青物狙いの4グループに分かれ瀬上がり、思い思いの仕掛けで竿を出しクロ狙いのグループでは釣り開始より釣れ始め、納竿まで楽しんだグループもいました。大きさは20cm〜30cmくらいで少々不満の人もいましたが入れ食いに満足、クーラー満タンの人も多数いました。青物グループは大物ヒラマサを狙ったが、ヤズ50cmクラスを6本も釣った人がいた。港に帰り重量と大物の検量し懇親会会場へ移動。玄海町の旅館で大会表彰と忘年懇親会を行った。ちゃんこ鍋や新鮮な海の幸を囲んでアルコールも適量入り、釣り談議などで楽しんだ。

  重量賞  一位 平内さん  二位 垣下さん  三位 楢崎さん  
  大物賞  一位 播重さん  二位 辻田さん  三位 山本さん



参加者全員 瀬渡し船から荒磯に
釣れてますか 大会終了時の検量風景
懇親会にて成績発表 大会表彰 第一位  播重さん
懇親会風景 懇親会風景
 
壱岐島沖クロ釣行
実施日  平成16年11月4日 (小潮)
 場所 長崎県壱岐島の沖磯   
 参加者   11名

長崎県壱岐沖でクロ釣りを実施した。釣具屋に参加者11名エサ・マキエを購入し、糸島郡岐志港から出港。1時間ほどの航海で壱岐の離れ磯に到着したが、うねりがありクロ釣りのA級ポイントの岩場(離れ瀬)は波が打ちかけ危険な状態! 釣果より安全がモットーだ。島影の磯に4グループ別れ上磯、うねりで打ちかける波を避けながらマキエをすると餌取りの大群。 餌取の小魚は近くに寄せ仕掛けは遠投すると玉浮きが沈む! 手のひら程度のクロが釣れた自然と手返しが早くなり、竿が曲がり入れ食い状態となる。15時までにクロ20〜30cmをクーラ満タン、40〜50匹を釣った人もいた。大物は釣れなかったがヤズ・バリ・クロと釣果があり、大漁で満足した釣りでした。


大型クロ釣りました 辻田さん 玄界灘の朝焼け
海上釣り堀で大物釣
実施日  平成16年7月21日 (中潮)
 場所 玄海町の玄海釣りセンター
 参加者   11名

佐賀県玄海町の玄海釣りセンターで大物釣りの感触を味わった。釣りセンターに到着すると既に他の人14名が釣り始めている。各自空いた場所に釣り座を構え釣り開始、早速大きなタイが群がり竿を大きく曲げる。タイの引きは非常に強く面白い!その大群を避けながら、小アジの泳がせ釣りで大物のカンバチを狙う、そんな中、古岡さんの竿が大きく曲がり強引に糸が出て行く、カンパチだ! 大物だ凄い引きに耐え、さすがベテラン・・・大物をゲット、4.6kgの見事なカンパチだった。別の場所では入江さんに当たりがあり、カンパチ2匹(4kg)を見事釣り上げた。納竿近くに今度は楢崎さんに当たりがきた、必死に逃げ様とするカンパチもベテランの竿さばきに勝てず網に納まった。他のクラブ員はカンパチこそ釣れなかったが大タイ、ススキ、クロなどそれぞれ釣って大物釣りに満足した1日でした。


参加者一同 笑顔の古岡さんカンパチ4.6kg
      カンパチをゲットの楢崎さん      強烈な引きに耐える入江さん
    カンパチ2匹をケットの入江さん   大きさ見本カンパチ(タバコと比較)
鷹島沖釣行
実施日  平成16年5月20日 (大潮)
 場所 長崎県松浦市鷹島の沖磯   
 参加者   13名

長崎県鷹島沖でクロ釣りを実施した。前日の雨で天候を心配していたが曇りがち・・・絶好の釣り日和となった。釣具屋で各自エサを購入し13人釣果を期待して一路星賀港へ急ぐ。出港5時6グループに別れ瀬上がり、思い々の仕掛けで竿を出しマキエと仕掛けを投入すると一投目からウキが沈む! 手のひら程度のクロが釣れた。自然と手返しが早くなり、竿が曲がり入れ食い状態となる。納竿14時までにクロ20〜30cmをクーラ満タンのグループもあったが、一方小クロ、アブテカモ、ベラに悩まされたグループもあった。この磯は景色がとても良く、手を休めて眺め心が和む状態であった。久しぶりの大漁で満足した釣りで無事終了した。

参加者全員 鷹島の釣風景
釣果の一部 鷹島の磯
 
 
H15年釣行結果
加唐島・松島沖釣大会
実施日 平成16年3月26日 
 場所  唐津市加唐島・松島
 参加者   15名

早朝5時釣具屋に集合し、各自マキエ・エサなど準備を整え佐賀県外津港を目指した。風がややあるものの、瀬上がり可能とのことで乗船。外海に出たらかなりの波・風があったが加唐島の西磯・波止に上磯できた。チヌ・クロの大物を狙ってそれぞれに仕掛けを投入。だが、廻り風に悩まされ、ポイントに仕掛けを投入するも風で戻され釣りずらい!なかには大物狙いを諦め、磯際で旬のメバルを狙い良形をクーラー満タンにした人もいた。狙いのクロ・チヌは残念ながら数は少なかったが、大形メバル・タナゴほか波止組は良形アジをゲット。 久しぶりの本格的な磯釣りを満喫できた。


参加者一同 松島波止 今岡さん・播重さん
大型メバル大漁でした 瀬渡し船に乗船
クロをゲット 坂田さん アジをゲット 今岡さん
福島沖釣行
実施日  平成15年12月11日〜12日
 場所 @釣大会 長崎県福島沖 A忘年懇親会 国民宿舎「つばき荘」
 参加者   12名

12月11日(木)〜12日(金)長崎県福島沖12名参加し、今年最後の忘年釣り大会</FONT>実施した。朝から小雨、風は弱く波は低い。 ”今日は釣れるぞ”と期待して磯・波戸に別れて釣り開始。雨は降り止まず、釣れるのは小物。 各自悪戦苦闘!・・・午後から風が強くなり納竿を早めて帰港した。早速検量、重量は3匹 大物は自己申告で大きい物1匹で入賞各1位〜3位。結果は悪条件の中、山本さんがチヌ・クロの良形を釣り見事でした。他の人は手のひら程度のメイタ・クロ・メバルなど五目釣りを楽しんだ。その後、国民宿舎(つばき荘)に移動して冷えた身体を温泉で温め表彰と宴会で沢山の料理に舌包み、釣り談義に花を咲かせ和気藹々の内に今年の大会を無事終了した。 
入賞者    大物1位  山本さん   2位  古岡さん  3位  入江さん 
        重量1位  楢崎さん   2位  今岡さん   3位  山田さん

 
福島港にて参加者 無事帰港
会席膳を前にして 大物1位 山本さん
 
加唐島・松島釣行
実施日 平成15年10月17日(中潮)
場所 佐賀県唐津市加唐島沖
 参加者  12名

冷え込みが続く中、晴天で海は凪ぎとなり、参加者12名が早朝5時釣具屋に集合、呼子沖で本格的な磯釣りを実施した。大物が釣れる事を期待して一路渡船場の名護屋港へ到着。他の客はいなく貸切り状態であり、2人チームを組んで順次加唐島、松島の磯や波止へ瀬上がりする。  朝日を浴びながら早速仕掛けを作り瀬際にマキエをする!10匹以上釣り、素晴らしい釣果でした。午後2時納竿、全員無事に帰港。釣果は別として、天気に恵まれ気持ちいい釣行が出来ました。

釣の風景(波止) 釣の風景(磯場)
 
海の釣堀釣行
実施日 平成15年10月17日
場所 佐賀県玄海町 釣りセンター玄海
 参加者  17名

佐賀県玄海町外津の湾内に100m四方網で仕切り、タイ・ブリ・カンパチ・スズキ・クロ・イサキ・などを放流し、筏に乗っての大会を実施した。参加者17名(女性1名) 曇り空の釣り日和となり、8時の釣り開始早々紅一点、熊本より参加された汐見夫人が大ダイと大奮闘の声。あちこちで竿が曲がり、ハマチ・タイをゲット・・・又バラシ・・・などで嬌声、溜息、歓声が響く。釣果はハマチ3.5kg・・・汐見さん クロ1.5kg・・・中島さん 見事でした。その他タイ・ヤズ(ブリの子)・クロ・イサキ・チヌ等が釣れた。お土産はタイ又はスズキを1匹貰い無事終了した。


参加者一同 大型ハマチ
釣り風景 釣り風景
釣り風景 釣り風景
松島沖釣行
実施日 平成15年5月7日
場所 長崎県福島町福島沖磯・波止
 参加者  17名

今年度、最初の大会で17名参加しチヌ・クロの釣果を期待して磯グループ・波止グループに別れ、張り切って各自思いの仕掛けで釣り開始。昼頃から小雨となり、風、波が強くなった為、納竿予定を早めに切り上げ1時に納竿とした。釣果は悪条件の中、村上さんが大物チヌをゲット、その他の面々も手の平クロ・メイタ・キス・セイゴ等五目釣りを楽しんだ。

大物チヌ 村上さん 磯釣り風景